歯科マメ知識mame

  1. いなだ歯科 こども矯正歯科
  2. 歯科マメ知識

歯の黄ばみ、気になっていませんか?

白い歯は、健康的で若々しい印象がありますが、歯が黄ばんでいると年齢が高めに見られがちです。

歯が黄ばむ原因は大きく分けて3つあります。

1. 飲食の黄ばみ

カレーなどの色の濃い食べ物やコーヒーや紅茶などの飲み物にはポリフェノールが含まれていて、このポリフェノールが唾液の中のタンパク質と結合してステイン(着色汚れ)になります。表面に付着し、たまったステインは時間が経つと歯の表面のエナメル質の中にまで浸透してしまいます。


2. タバコの黄ばみ

たばこのヤニは、ステインよりも粘着力が高く、さらに歯を黄ばませてしまうので注意が必要です。

3. 加齢による黄ばみ

歯の色って歯の表面を覆うエナメル質のすぐ内側にある象牙質の色に影響されるってご存じでしたか?

象牙質の色の強弱は人それぞれですが「黄色い」色をしています。歯の色に個人差があるのは、エナメル質の厚さや象牙質の色が人それぞれ違うためです。

歯を長年使っていると、歯の表面を覆っているエナメル質が徐々にすり減って薄くなります。歯のエナメル質が薄くなると、象牙質の色が透けて見えるようになり、歯が黄色く見えます。

また、象牙質は加齢によって徐々に黄色みが強くなることもわかっています。

タバコや着色の可能性が高いものを控えることで歯の黄ばみを防ぐことはできますが、日々のケアとしておすすめなのが美白歯磨剤です。

美白歯磨剤は、ステインを落とします。ステインを落とす歯磨き粉は「ピロリン酸ナトリウム」「ポリリン酸ナトリウム」「ポリエチレングリコール」「ポリビニルピロリドン」などの成分が含まれたものを使用するのがおすすめです。


・ピロリン酸ナトリウム

ステインを浮かせて落とします。ステインが歯の表面から浮き上がるため、ブラッシングによりステインを除去することができます。

・ポリリン酸ナトリウム

ステインを落とすと同時に、歯の表面をコーティングすることでステインの付着を防ぎます。

・ポリエチレングリコール、ポリビニルピロリドン

タバコのヤニを除去するはたらきを持つ成分です。

美白歯磨剤選びの参考にしてください。

一方、歯科医院で行うホワイトニング治療で用いる薬剤には「過酸化水素(もしくは過酸化尿素)」という薬剤が配合されており、歯そのものを白くします。市販の美白歯磨剤と歯科医院で行うホワイトニング治療では目的が違います。

歯を今よりも白くしたい場合は歯科医院でのホワイトニング治療をおすすめいたします。


歯の白さの一つの指標として〈眼球の白い部分〉と〈歯の色〉が同じ程度に白いと、バランスが良い印象を与えるそうです。

ご興味のある方はぜひご相談ください。


歯の神経ってどういう役割があるの?

虫歯の治療をした時に

「歯の神経のところまではむし歯は進行していませんでした」

「歯の神経が炎症を起こしています」

など、「歯の神経」という言葉をよく耳にされると思います。



「歯の神経」は歯のどの部分にあって、どのような役割をするのでしょうか?

歯の神経は「歯髄 しずい」と呼ばれています。

歯は、表面の部分がエナメル質という硬い組織で覆われています。そしてエナメル質の下には、象牙質というエナメル質より柔らかい組織があり、そしてその内側に歯髄があります。

歯髄の働きには次のようなものがあります。

1.歯に栄養を与える

歯髄には多数の毛細血管が存在しています。カルシウムやミネラルなどの栄養を血管を通して象牙質に運んでいます。歯に栄養を供給することで強度を保っているため、歯髄を取り除く処置をした場合、歯が脆くなってしまいます。

2.歯に加わる刺激を感じる

「歯が痛くて眠れません。」

「食事をすると歯に痛みを感じます」

患者さんが歯科に来院された際、よくお聞きする症状です。

歯の痛みはどうして起こるのでしょうか?

歯の痛みは、歯髄に刺激が加わり、そこから脳にシグナルが送られることで起こります。歯の神経は実はすべての刺激を「痛い」としてしか感じることができません。冷たいものも「痛い」熱いものも「痛い」というように、刺激を脳に伝えています。

3.細菌感染に対して免疫反応を起こす

歯髄にある様々な免疫細胞が細菌に抵抗したり、象牙質に刺激が加わると、「第二象牙質」とよばれる壁を作ってその刺激を遮断するなど、歯髄には防御機能もあります。

歯髄はむし歯や外傷によって歯髄が感染したり、壊死したりすると歯髄を取り除く「根管治療」が必要になります。細菌に侵された歯髄や血管を放置していると腫れたり歯を抜くリスクが高くなりますが、「根管治療」を行い、感染した歯髄や血管を除去して消毒すれば、歯を抜かずに残すことができます。

根管治療を受けた後の歯の寿命はおよそ11年であることが、ある研究で報告されています。また、歯髄を取り除いた歯は、次に虫歯になっても、「痛い・しみる」などの自覚症状を感じないため、かなり悪化してからしか気づけないことが多くなります。

大切な歯を守るために、歯の寿命を左右する歯髄を失わないようにしましょう。

そのためには、日頃のお口のケアはもちろん、歯科での定期検診とプロフェッショナルクリーニングを受けることがとても大切です。定期検診を受けていない方は定期検診を受けている方と比べて6倍歯をなくしやすくなるというデーターもあります。

歯科の定期検診を家族みんなの習慣にして家族のお口の健康を守りましょう!



インプラントを入れた後はどういうことに気をつけたらいいの?

インプラント治療を希望される患者さんは年々増加傾向にあります。

インプラント治療は見た目の美しさだけでなく、健康な歯に負担をかけず、ご自分の本当の歯のようにしっかり噛めることがメリットです。それでも天然歯との間には違いがあり、その違いを知っていただくことがとても大切です。



<天然歯とインプラントとの違い>

インプラントには歯根膜がない

歯根膜は、噛み合わせの力を逃がすクッションの役割を果たしています。天然歯の場合、歯根膜があることで硬い食べ物は力を入れて、やわらかい食べ物は軽い力でという風に、食べ物によって噛む力を適切にコントロールして噛むことが出来ます。歯根膜があるおかげで歯に加わる過剰な力が和らぎ、顎の骨や歯にダメージが及ばないようになっています。一方、インプラントには歯根膜がなく、顎の骨とインプラントが直接くっついているためダイレクトに力が加わります。そのため、噛み合わせに問題がある場合や歯ぎしりのクセがある場合などは、顎の骨やインプラントに負担がかかってしまいます。歯ぎしりや食いしばりなどの癖をお持ちの方は、インプラントを守るために、夜間はマウスガードを使って歯を保護するなどの対策をとることが重要です。



天然歯と比べると感染に弱い状態になっている

天然歯は細菌が簡単に入り込まないような構造になっていますが、インプラントは天然歯に比べて感染しやすい状態になっています。

「インプラント周囲炎」という言葉をお聞きになったことはありますか?

インプラントのまわりの組織で起こる炎症「インプラント周囲炎」は自分一人の力では早期発見が難しく、症状が深刻になってから発覚するといったパターンが多いです。進行するのが非常に速い点にも注意が必要です。インプラント周囲炎は、そのまま放っておくと歯周病と同じように、インプラントを支える骨が溶けてしまい、埋め込んだインプラントがぐらつき、最終的には抜け落ちてしまうことがあります。



インプラントを良好な状態で維持するためには日々のお口のケアがとても大切です。歯ブラシだけではすべての汚れを落とすことが難しいので、歯間ブラシやデンタルフロスも併用して細かな汚れを落としましょう。

インプラントの状態やお口の清掃状態を確認するために定期健診を受けていただくことも重要です。

定期健診では、骨やインプラントの状態を確認するためにレントゲン撮影をしてインプラントがしっかり定着しているかを確認します。また、インプラントに強い力がかかり過ぎていないか、噛み合わせのチェックも行います。



また、インプラント周囲炎の予防のためにも、磨き残しの部分がどこかを患者様に確認していただき、ケア方法をご提案します。そして日々のケアでは落としきれない汚れを歯科医院専用の機械で落とします。

インプラント治療は治療終了後のケアがとても大切であることをご理解いただき、歯を失った場合の治療の選択肢の一つとしてご検討いただければと思います。




乳歯の生え変わりについて

5~6歳ごろから乳歯が抜け始め、12歳頃にかけて永久歯へ生え変わります。



生え変わりの時期の乳歯はグラグラして仕上げ磨きがしにくかったり、お子さんも痛がったりと大変ですよね。

乳歯の生え変わりってどのように行われるのでしょうか?

永久歯の頭の部分が完成し歯の根の部分が作られ始めると、乳歯の根を溶かす細胞が現れ、永久歯の上にある乳歯の根は少しずつ溶かされていきます。乳歯の根が溶けていくと、乳歯はグラグラになり抜け落ち、永久歯が顔を出します。乳歯が抜けて永久歯が生えるまでには約3ヶ月かかると言われています。

身体の成長と同じように永久歯への生え変わりのスピードも個人差が大きく、お子さんによっては1年以上のずれがあります。男の子よりも女の子のほうが早い傾向があります。もしご心配な場合はレントゲンを撮影して永久歯を確認することもできますのでご相談ください。

生えかわりの時期に注意していただきたいことは、

①生えたての歯はむし歯になりやすいです。積極的にフッ素を使ってむし歯予防をしましょう。

生えたての歯は歯質が弱く、むし歯になりやすいです。また、磨きにくく、汚れが残りやすいです。永久歯が生え終わった頃にはすでにむし歯になっているお子さんも珍しくないので、仕上げみがきは念入りに、そしてしてフッ化物(フッ素)を活用して積極的にむし歯予防をしましょう。

②気になることがあれば受診しましょう。

乳歯は多くの場合自然に抜けるのを待っていれば大丈夫ですが、痛がって日常生活に支障がでる場合は、乳歯を抜いてもらうのも一つの方法です。また、乳歯とあきらかにずれた位置から永久歯が出てきたり、乳歯がゆれていないのに永久歯がはえてきたり、グラグラしている乳歯のまわりの歯ぐきが腫れているなど気になることがあれば受診しましょう。

③乳歯が抜けた後、永久歯がなかなか生えてこない時は半年様子を見て受診しましょう。

乳歯が抜けた後なかなか永久歯が生えてこない場合、多くの場合しばらく様子を見ていると生えてきますが、なかには永久歯がもともと足りない場合や、邪魔な歯(過剰歯)があるために出てくることができない、永久歯のはえる方向が悪いすき間が足りない可能性もあります。

半年様子を見て、永久歯が生えてこない場合は受診しましょう。



④癒合(ゆごう)歯の場合は注意が必要です

2本の歯がひっついている状態の歯を癒合歯といいます。



乳歯の癒合歯の場合、生え変わりの時期になってもグラグラしない場合があります。レントゲンで確認して自然に生え変わりが難しい場合は今後生えてくる永久歯の為に抜歯が必要になります。また、乳歯の癒合歯の下に、永久歯が2本ある場合と1本しかない場合があります。1本しかない場合は歯並びや噛み合せに影響がでる可能性があるため、矯正治療が必要になることもあります。

永久歯は乳歯の下で成長しています。いずれ永久歯に生え変わるからといって乳歯のむし歯を放置すると、その後に生えてくる永久歯の歯の質や歯並びに悪い影響を及ぼします。乳歯のむし歯もきちんと治療しましょう!

ご心配なことがあればお気軽にご相談ください。



国民皆歯科健診って何?

先月、政府は全ての国民に毎年の歯科検診を義務づける「国民皆歯科健診」の導入に向け、検討する方針をまとめました。実施について、日本歯科医師会は今後3年から5年をめどに取り組みを進めていく考えを示しました。詳細に関してはこれから議論されていく段階です。

現在、日本では高校生までは歯科健診が義務付けられていますが、大学生や社会人は対象となっておらず、自治体や企業などによって健診の在り方が違います。約7割の自治体では、40歳から10年ごとの節目に歯周病検診などがあります。

どうしてこの制度が大事なのでしょうか?

日本では歯科の受診率が非常に低く、痛くなったら歯科医院を受診するという人が多いのが現状です。厚労省の歯科疾患実態調査によると30~50才の40%程度、50才以上の55%程度が中等度以上の歯周病に罹患しており、これを放置すると中高年で歯を失い始めます。歯周病は“沈黙の病”とも言われ重度になるまで自覚症状なく進行する特徴があります。歯が揺れる・歯肉が腫れるなど歯周病の自覚症状があると既に手遅れになっている場合が多いです。

お口の健康が全身の健康と密接に関係していることはご存じの方も多いと思います。

お口の健康が、全身の健康とどのような関わりあいがあるのでしょうか。

①誤嚥性肺炎や糖尿病、心臓病、脳梗塞、早産の予防につながる

②嚙んだり、飲み込んだりできる歯と口を維持することは、認知機能の低下を防ぎ、介護予防にも有効

③口腔内をキレイに保っていると全身の病気で入院された際の治癒が早くなり入院期間も短くなることが分かっている

また、最近の認知症の保険ではどれだけ噛み合う歯が残っているかで保険料が違ってきています。

国民皆歯科健診を行うことで歯科疾患の早期発見・早期治療を行い、その結果お口の健康、全身の健康増進につながり、平均寿命と健康寿命の差を縮め医療費の減少をもたらすことが期待されています。

ただ、まだ一般的に健診の重要性が周知されているわけではないので、色々なエビデンスを示しながら理解を深めてもらうことが必要です。

これから制度を具体化していくうえで、全国民に義務付けるのか、実施主体をどうするのか、実際に健診を行う人材の確保や全額公費でできるのかなどの費用面の議論が必要と言われています。

何歳になっても自分の歯でおいしく食事をしたい!

それはみなさんが思われると思います。「お口は健康の入り口」とも言われ、お口の健康を保つことが全身の健康を手に入れる第一歩になります。

「もう治ったのに、なんで行かなくちゃいけないのだろう」と思う方も多いかと思います。

全身の健康から考えても、歯科の定期健診が大切なことをこれからも発信していきたいと思います。