歯科マメ知識mame

  1. いなだ歯科 こども矯正歯科
  2. 歯科マメ知識

食事をする時の姿勢、気にしていますか?

みなさんの日頃の食事風景を思い浮かべてください。

食事中の姿勢って気にされたことはありますか?

食事をする際の「正しい姿勢」があって、姿勢が悪いと消化が悪くなるだけでなく、噛む力やお子さんの場合にはあごの発育や歯並びに影響を与えるのをご存じでしたか?

食事をする際の「正しい姿勢」とは、よく噛めて安全に飲み込める姿勢のことです。お口の筋肉を動かしやすい姿勢なので、お子さんの食べる機能の成長がおのずと促されるだけでなく、あごの成長発達にもつながります。

食事をする際の「正しい姿勢」とは、

1.椅子に深く腰をかけ、首と背筋をまっすぐにして座る。背もたれに寄りかからない。胸を張る。

前傾姿勢では、お口まわりの筋肉が動かしにくく、背筋が伸びたよい姿勢だと、体幹が安定するので、お口まわりの筋肉やあごをリズミカルに動かしやすくなり、よく噛めるようになります。



2.テーブルは胸とおへその間くらいの高さ、テーブルとの間はにぎりこぶし1つ分あける

食べることは手と目と口の協調運動です。机の高さがあっていないと、手を動かしにくく、食べにくいです。お子さんの場合、両腕をだらんと垂らして肘を上げたときに、自然と両肘がテーブルの上に乗る高さを目安に調整をしましょう。

3.足の裏全体を床につける

足が宙ぶらりんの状態では体が安定しづらいため、安定するようにうつむきがちな姿勢をとるようになってしまいます。足の裏全体が地面についているほうが飲み込みやすく、また足裏が床についている時とついていない時で噛む力に15%の差があるそうです。お子さんの足裏がついていない場合は、厚めの本などを置いてしっかりと足裏がつくように調整してあげてください。

4.肘、膝、腰は90°になるように意識しましょう

座面は固い板がベストです。

5.あごがあがっていない

飲み込むときにあごが上がっていると、食べ物が気管に入りやすくなり、誤嚥のリスクが高まります。

 

また、食事中にテレビを観る方は注意が必要です。テレビがある方向を向いて食べていませんか?

横を向いたまま噛んでいると、顔を向けた方の歯で噛みやすくなってしまいます。例えば、右を向いたまま噛めば、右側の歯で噛んでしまう、ということになります。



本来、左右両方の歯でバランス良く噛むのが理想です。よく噛むことを意識するためにも食事中はテレビを消しておくのが理想です。

 

健康で長生きする秘訣はよい生活習慣を若い頃にどれだけ身につけられるかにかかっています。

特に子供は大人よりも日々の習慣の影響を受けやすい状態です。普段の生活の中でちょっとした意識を日々積み重ねることが大切です。

ぜひご家族で実践して見てください。

そして食べるときにまず必要なのが歯です。また、噛むには噛み合わせが大切です。

日頃のご自宅でのケアと歯科医院での定期的なケアでお口の環境を守る習慣をご家族でつけましょう!

 


入れ歯の痛みってどうしておきるの?

入れ歯を入れておられる方から「入れ歯が痛くてかめない」とよくご相談を受けます。



入れ歯が痛む「時」も人それぞれです。

・入れ歯を入れる時に痛む

・入れ歯を入れる時は大丈夫だけれども、食事をした時に痛む

どうして入れ歯の痛みっておきるのでしょうか?

①歯ぐきの構造

歯ぐきの構造はとても複雑です。実は歯ぐきの厚みや硬さは場所によって違います。噛むと入れ歯に力がかかりますが、その際、その下にある歯ぐきは変形します。

歯ぐきの薄い部分、歯ぐきの柔らかい部分は強い力がかかりやすく、痛くなりやすい場所です。

入れ歯の内面と歯ぐきに隙間があると、部分的に強い力がかかって痛みを感じることがあります。その隙間を埋め、入れ歯と歯ぐきがピッタリした状態にすることが必要です。

かみあわせで一部分だけが強くあたっていると、その部分に強い力が加わって、局所的に粘膜を圧迫したり、義歯を動かして粘膜を傷つけてしまいます。噛み合わせの調整が必要です。

④入れ歯で歯ぎしり、食いしばりをしてしまっている場合、大きな負荷が常にかかって粘膜を押しつぶし、それが痛みの原因となります。

⑤入れ歯の下の顎の骨が部分的にとがっていたり、でこぼこしていると、その部分と入れ歯が強く接触して痛みの原因になる場合があります

⑥お食事の後、入れ歯を洗わずそのまま入れっぱなしにしていませんか?入れ歯と粘膜に間に食べかすが入り込んでそのまま噛み続けると粘膜に傷をつけてしまいます。食後は毎回、入れ歯を外して清掃しましょう。



頬や唇、舌の動きに入れ歯が調和した形をしていないと噛んだ時に唇や舌の動きに入れ歯のふちがあたって傷むことがあります

口の中が乾いていて痛む

唾液は、口の中の「潤滑材」としての役割も担っています。 唾液の分泌が少なくなり、口の中が乾燥した状態のまま入れ歯を使用していると、入れ歯と粘膜が擦れて傷ついてしまいます。この場合、お口の中を保湿するジェルやスプレー、マウスウォッシュなどを使用すると楽になることがあります。

新しい入れ歯を入れた時は少しずつ使って慣れる必要がありますが、痛みがある場合は調整が必要です。我慢をしながら入れる必要はありません。

また、入れ歯は使っているうちに、人それぞれの噛み癖、全身の様々な変化などが原因で入れ歯の当たりや噛み合わせが微妙に変化します。入れ歯を入れた後もその時々の変化にあわせてこまめな調整を行うことが、入れ歯を快適に長く使っていただく秘訣です。

入れ歯に違和感を感じた時は、我慢せずに是非ご相談ください。


「オーラルフレイル」を知っていますか?

「フレイル」とは、加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下した「虚弱」な状態を指し、健康な状態と日常生活で介護が必要な状態の中間の状態をいいます。



「オーラルフレイル」とは、オーラル(=口腔)とフレイル(=虚弱)を合わせた言葉で、直訳すると「口の機能の虚弱」となります。

食べこぼしや食事中の「むせ」といったささいなお口の衰えをきっかけにお口の機能が低下し、食べる機能の障害へと進み、栄養状態が悪化すると、体力や筋力の低下を招き、全身のフレイル・衰えにつながります。

新型コロナウィルスの感染拡大が、噛む、話すといった口腔機能にも悪影響を与えていると言われています。コロナ禍で外出が減り、人との接触がなくなり、食生活も乱れると、足腰だけでなく体幹部分の筋肉量もかなり減ってしまいます。

<オーラルフレイルのセルフチェック表>





出典:東京大学高齢社会総合研究機構より

フレイルのもう1つの特徴は「可逆性」です。何もしなければ、要介護へと「老いの坂道」を転がり落ちますが、頑張れば健康な状態に戻る可能性がある時期です。生活を少し見直すだけで、将来は変わってきます。

人生100年時代と言われ、お口の健康を起点とした全身の健康と豊かな人生が注目をあびています。毎日習慣として行う歯みがきなどのオーラルケアは、お口の健康を守るだけではなく、全身の健康を守ることにもつながっています。

神奈川県のホームページに「グー・パー・ぐるぐる・ごっくん・ベー」体操というオーラルフレイル改善プログラムが掲載されていました。



1.グー

目はしっかり閉じ、目玉は下方に。口は口角をあげしっかり閉じる

2.パー

目は大きく開き、目玉は上方に。口を大きく開く

3.ぐるぐる

口を閉じたまま舌に力を入れ、口唇の内側をなめるように回す(右回り、左回り)

4.ごっくん

ココでたまった唾をごっくん

5.ベー

舌の先に力を入れ、しっかりと前に出す(そのまま10秒キープ)

このトレーニングを4週間行ってもらったところ、滑舌や嚥下機能など56%に改善が認められたそうです。

1~5を3回以上、毎日繰り返し続けることで、

オーラルフレイルを予防!   ④舌の力で飲みこむ力も向上

脳の血流upで頭すっきり    ⑤フェイスラインもスッキリ!

唾液分泌upでお口もうるおう

オーラルケアは人生を豊かにする大切な健康習慣です。オーラルフレイルは口のわずかな症状なので、自分ではなかなか気づかないです。歯の本数だけでなく、機能の維持・改善も重要です。

お口の変化に気づくためにも歯科で定期的な検診を受けることをおすすめします。

 

 


舌の正しい置き場所、ご存じですか?

今、皆様の舌の先はどこにありますか?

上下の前歯の間ですか?

どこにも触れていませんか?

下の前歯の内側ですか?

日々の生活の中で舌の先がどこにあるかと意識することはないのではないでしょうか?

舌の正しい位置は、スポットに舌の先が触れていて舌全体が上あごにぴったりとくっついた状態です。(歯には接触させません)



舌がスポットに触れていないと舌が下に下がった状態になります。下のイラストは舌が下がっている状態の口腔内です。



舌なんてどこに置いても同じじゃない?と思われるかもしれません。

舌が下がると気道が狭くなり、イビキをかきやすくなります。また、鼻へつながる経路も舌で閉ざされてしまい呼吸を楽にするために口呼吸をする方が多いです。口呼吸は、空気中の細菌やウイルスを直接体内により多く吸い込むことになったり、ノドの奥が乾燥して傷つきやすくなり風邪などをひきやすくなります。また、お口の乾燥により虫歯や歯周病、口臭の原因になります。顔貌も、お口のまわりの筋肉を使わないことにより、ポカンとした印象になります。

 

歯は、唇、頬、舌といった筋肉に囲まれ、それらの筋肉の圧力のバランスのとれた位置で安定するので正しい舌の位置を知っておくことはとても大切です。歯はわずか1.7gの力(ペットボトルのキャップ1つくらいの重さ)でも長く力がかかると動くと言われています。舌の力は500g、頬・唇の力は300gくらいあります。このように舌の力は強くて普段の舌の位置や使い方が歯並びに影響を与えてしまいます

人の顔は生まれてから小学生ぐらいまでの間につくられると言われています。

幼児期の舌の位置は、その後の顎の発育に大きく影響します。上顎の成長のピーク前(5歳くらいまで)に平常時に舌が正しい位置にあると、上顎は舌に押されて大きく発達します。舌が下に下がってしまっている状態だと、上顎の成長は小さくなります。鼻呼吸を行い、正しい舌の位置を保つことによって顎はしっかりと横や前に成長し、歯がきれいに並びます。

5歳の時点で舌を正しい位置に置くことができていないお子さんは、舌のトレーニングによって舌の位置を改善することができれば、顎の成長が促され歯並びが良くなります。(ただし上顎の成長の観点から8歳前後までの時期がリミットと考えています)

舌の正しい置き場所、お口の状態は

1.上下の唇は軽く閉じる

2.舌の先は前歯の後ろの歯茎に当たっている(歯には接触していない)

3.歯は噛み合わせない

4.舌全体を上顎に吸盤のように張り付ける

この4つをしっかり守り、鼻でしっかりと呼吸するようにしましょう。

お子さんの歯並びに不安がある方、口呼吸を改善されたい方は、ご相談ください。

 


マイクロスコープってどんな機械なの?

「マイクロスコープ」ってお聞きになられたことはありますか?

「マイクロスコープ」は、歯科用顕微鏡のことです。歯科治療は細かい作業の連続です。マイクロスコープを使うことで、狭く暗い口の中を明るく拡大することができ、「見えないものが見えるようになる」ことが可能となります。

この度いなだ歯科が導入したマイクロスコープは、肉眼の最大80倍まで拡大することができます。

ところで、マイクロスコープを使用することでどんなメリットがあるのでしょうか?

肉眼では確認しづらいむし歯の発見や歯の亀裂・破折など、お口の中でおこっている問題に対して早期発見・早期治療を行うことができる

例えば、冷たいものがしみたり、痛みを感じたりする場合、虫歯を疑う人が多いのではないでしょうか?実は、歯に亀裂・破折が入っている場合も同じような症状がみられます。歯の亀裂・破折は肉眼ではなかなか確認することができません。むし歯治療をしたけど症状が改善しない・・・それは歯の亀裂・破折が原因している可能性があります。マイクロスコ―プを使用すれば、小さな初期の亀裂・破折も発見しやすいので、適切な判断、治療が可能になります。

<肉眼治療とマイクロスコープ治療の違い>



根っこの治療で神経の管の入り口の位置や数をしっかり把握することができる 

歯の根っこはとても複雑で細かい形態をしています。肉眼で確認しづらい部分を正確に把握することができることで精密な治療を行うことができます。

必要以上に健康な歯質を削ることを防げる

むし歯治療の際、削りすぎると健康な歯の部分にもダメージを与えてしまいます。「見える」ことでむし歯の取り残しをなくし、必要最小限の部分だけを削り取ることができ、歯の健康な部分を可能な限り残すことができます。

歯の色調、形態を正確に把握することができるので、審美性の高い治療を行うことができる

細かな歯の形態や色の変化の特徴を把握することでより自然な形で歯の修復を行うことができます。

精度の高い治療を行うことで、治療後も長期間、安定した状態を保つことが期待でき

治療している部分の拡大画像をモニターでお見せすることができるので、ご自身のお口の状態をより詳しくご理解いただくことができ、治療内容をより正確に把握していただくことができる

歯科医院での普及率は3〜5%とまだまだ一般的ではないマイクロスコープ。いなだ歯科ではこれまで肉眼よりはっきりと見える3.5~4.5倍のルーペを装着して治療していました。これからはより拡大した視野で治療を行うことが可能となりました。

詰め物や被せ物を綺麗に入れたい、治療を受けたけれどもいつまでも症状が良くならない、過去に治療した歯がまた痛みだしてきたとお悩みの患者様は、お気軽にご相談ください。