いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科・審美歯科・インプラント

保険診療で受けられるCAD/CAM冠をご存じですか?

CAD/CAM

1. CAD/CAM冠って何?

これまでの被せ物は、歯科技工士さんの手作業によるオーダーメイドで製作されていました。
CAD/CAM冠とは患者様のお口から型どりしてできた模型をコンピューターがデータを読み取り、設計して専用の装置が自動的に削りだして作製するかぶせ物のことです。

2. どの歯でもできるの?

平成26年4月から先進医療技術として保険導入されました。ただし、対象は小臼歯(小臼歯とは犬歯の後ろ2本の歯です)のみとなります。

3割負担の方ですと、被せ物の費用は約5500円です。

小臼歯の保険診療のかぶせ物は以下の種類から選んでいただけます

1.金属冠 2.プラスチック冠 3.CAD/CAM冠

3. CAD/CAM冠について詳しく聞きたい!

  1. 今までの保険診療での金属のかぶせ物と比較すると、白い色なので審美性に優れていますが、色調が単調なので、天然歯と色をあわせることが難しく、セラミックを使用した保険外のかぶせ物と比較すると審美性は劣ります。
  2. 使用される素材はプラスチック冠で使用されていた硬質レジンにセラミックをプラスしたハイブリッドセラミックという材料を用います。セラミックがプラスされたことでプラスチック冠に比べて強度があると言われていますが、噛む力が強い方、歯ぎしりやくいしばりのある方、硬い物を好んで食べられる方は割れてしまう可能性があります。すべての患者様に適用可能ではありません
  3. 金属のかぶせ物を入れる場合よりも歯を削る量は多くなります
  4. 金属を使用しないため金属アレルギーの心配がありません
  5. 年数がたつと変色してきます
いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします