いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科・審美歯科・インプラント

矯正歯科

ORTHODONTICS

①初診(カウンセリング)

初診時の相談では、お口の中の歯並び・咬み合わせの診察した後、患者さんご本人やご家族の方が気になさっているところやご希望などをお聞きし、以下のような内容についてカウンセリングさせていただきます。

▼カウンセリングの内容
・おおまかな治療開始時期&治療の進め方についてのご説明
・治療で使用する装置についてご説明
・おおまかな治療期間についてのご説明
・治療費の概要やお支払い方法などについてご説明
・精密検査についてのご説明

②精密検査(レントゲン撮影など)

精密検査では、診断・治療方針を決定するために必要な資料を集めます。
不正咬合の診断・治療方針を決定するにあたり重要な検査ですので、予約制にて30〜60分ほどのお時間をいただいております。
精密検査には一般検査と必要に応じて追加される検査があります。

▼精密検査の項目
・ 問診
・ 口腔内診査
・ 顔面写真・口腔内写真
・ 矯正治療学的検査
・ 口腔内印象(歯の型)採得、咬合採得
・ レントゲン検査

▼追加検査の項目
・ むし歯リスク検査
・ 顎運動機能検査
・ CTレントゲン検査
・ セットアップモデル(治療後の予測模型)
 
採取した資料を詳しく分析し治療方針を決めますので、検査結果については約2〜4週間ほど後の診断の際に、お話しさせていただきます。

③説明(検査結果と詳しい治療方法・費用について)

説明では、精密検査で集めた資料について詳しく分析し、現在の不正咬合の状態についてわかりやすくご説明させていただきます。

そして、これらの検査結果に対し、最も効果的でひとり一人のライフステージに合った矯正歯科治療計画についてご説明させていただきます。


治療計画に関しましては、モニターの画像をご覧いただいたりしながら、使用する装置やその装置の効果、治療後の予測などについてご説明いたします。

また、予想される治療期間や治療にかかる諸費用についてもご説明いたします。

治療方針などにおける疑問点などにつきましては、その都度ご質問いただき、それに対して詳しくお答えさせていただきます。診断・治療方針のご説明には約30〜45分程度の時間が必要です。
最終的に患者さんご本人およびご家族の方と治療方針について十分納得が得られるまで説明させていただきます。

矯正治療費用

小学5年生前後~永久歯の生えそろっている患者様

内容

料金(税別)

矯正相談

無料

検査・診断料

30,000円

治療費

上下顎がメタル(金属のブラケット)の場合

600,000円

上下顎前歯がセラミック(透明のブラケット)の場合

700,000円

調整料

月1回

3,000円

4~9歳くらいの患者様(床矯正からの患者様)

内容

料金(税別)

矯正相談

無料

検査・診断料

30,000円

第一期矯正治療費(永久歯に生え替わる前の床矯正治療)

200,000円〜300,000円

調整料月1回

3,000円

第二期矯正治療費(必要で希望された場合のみ)

上下顎がメタル(金属のブラケット)の場合

500,000円

上下顎前歯がセラミック(透明のブラケット)の場合

600,000円

調整料月1回

3,000円


★第一期の床矯正治療はできるなら4、5歳~がおススメです。なぜなら6歳までに頭の大きさが大人の80%まで成長するからです。その時期にアゴも大きく成長します。そこから第二次成長期が始まる10~12歳くらいまではあまりアゴも成長しないので治療も長くなりがちです。

ケース① 八重歯を治したい

このような透明な装置を装着して治療しました。

1ヶ月毎に作り替えて少しずつ歯を動かします。
費用は¥100,000+月1回¥3,000で約半年の治療期間でここまで治りました。

ケース② 上の前歯の歯並びをなおしたい

ワイヤーと目立ちにくい装置で治療しました。
費用は¥100,000+月1回¥3,000で約1年の治療期間でここまで治りました。

ケース③ 下の歯の歯並びを治したい

ワイヤーと歯が動き易い装置で治療しました。
前歯に付いている装置の金属部分が下にシャッターが閉じる様に動きます。
費用は¥100,000+月1回¥3,000で約1年の治療期間でここまで治りました。

ケース④ 下の歯並びを治したい

透明な取り外しできる装置で治療しました。
こちらも1ヶ月ずつ装置を作り替えて歯を動かしました。
取り外しできる装置の為、必要な時は外して矯正していることが他の方にわからない様に矯正できます。
費用は¥100,000+月1回¥3,000でこれくらいの歯並びならば通常3〜6ヶ月の治療期間で治ります

 

あなたは「矯正治療」について、どんなイメージを持っていますか?
ひょっとして単に「歯並びを治す治療」というふうに思っていませんか?

先ずはその誤解を解くところから、説明したいと思います。

そもそも歯並びが悪い事によって、どんな不都合が起こるのでしょうか。

 虫歯や歯周病、口臭の原因になりやすい

歯並びが悪いと、歯ブラシの毛が届きにくく、みがき残しができやすくなります。
その為、むし歯や歯肉炎(歯ぐきの炎症のこと。歯肉炎にかかっていると、歯ぐきが赤くはれて、歯みがきのとき血が出たりする)になりやすいのです。
更に咬み合わせが悪くて、食べものがよくかめないと、だ液(つば)の量が減ってきて口の中の汚れがどんどんたまります。こうなると歯の病気だけではなく、> その為、口臭の原因になる事もあります。

 あごの関節が痛くなりやすい

口を開けたとき耳のそばでカクカク音がしたり、口が大きく開かなかったり…。これが子供や女性に増えている顎関節症の症状です。悪い姿勢や精神的なストレス、歯ぎしりなど色々な原因がありますが、歯並びの悪さから起こる場合もあります。

 消化が悪くなる

咬み合わせがよくないと、しっかりとかめないだけじゃなく、だ液の量が減って消化されないまま飲み込む事になります。消化されないまま食事をしている事は、お子様の成長を著しく阻害する原因にもなります。大人の場合は胃腸に負担がかかりやすくなり、病気や消化を起こし病院に通いやすくなったりもします。

 発音がしにくい

症状によってはサ行やタ行の発音がハッキリしなくなる事があります。特に外国語の発音に困る事が考えられます。今後はますますグローバル社会が加速化されます。そんな中で外国語の発音に困ってしまうと、お子様も外国語を学ぶ事に対して前向きになれないかも知れません。

 肩こりや頭痛が起こりやすい

咬み合わせが悪いと、なんとかうまく咬もうとして、あごが不自然な動きをするので、あごや筋肉にムリな力がかかってしまい、そのため頭痛や肩こりなどが起こることがあります。

 

いかがですか?
歯並びが悪い事によって、生活していく上で以上のような弊害が起きやすくなるのです。ですから「矯正治療」というのは、単に「歯並びをキレイにする」といったものではなく、快適に生活していく上で非常に大切な事なのです。

歯並びが悪い事によって、生活上起こりうる弊害はここまでお話した通りですが、あともう一点、歯並びが悪い事によって、今後のその人の性格形成を決定しかねない事があります。それは『笑顔を作りづらくする』という事です。

-『感情』は『行動』によって作られる-

このような言葉があります。この言葉を“笑顔”という考え方に当てはめると、

-嬉しい、楽しいという気持ち(感情)は、笑顔(行動)によって作られる-

上記のように言い換える事が出来ます。
笑う事によって、楽しい感情、嬉しい感情が湧き起こるという事です。
それだけ「笑う事」「笑顔」というのは重要なのです。

しかし歯並びが気になる人というのは、どうしても自然に笑顔を作りだす事が出来ません。

『歯並びが悪いのを人に見られたくないな…』

『人前で笑顔を作ると、歯並びが悪いのがバレちゃうな…』

『なるべく人前で笑顔にならないようにしょう』

このような気持ちの積み重ねによって、表情そのものが暗くなってしまったり、人前での笑顔が不自然になったり必要以上に手を口元にあてて笑うようになるのです。

このような事態を矯正治療によって改善していきませんか?

 


Q1
何歳ごろに相談したらよいでしょうか?
A
症状によって、治療開始時期が違いますので、気づいた時点で、なるべく早くご相談されることをおすすめします。 お子様の場合はお話ができてお口の型を採ったりできる4歳~が一応の目安となります。

Q1
大人でも治療できますか?
A
基本的には高齢の方でも、矯正治療は可能ですが、虫歯や歯槽膿漏が完全に治療されて、健康な歯である必要があります。

Q3
治療期間と費用は、どの位ですか?
A
症状によって、期間や費用は違います。ふつう半年~3年くらいで、その後1年ほど後もどりしないように、保定する期間が必要です。矯正は口蓋裂など特殊なものを除き保険が適用されません。地域によって費用が異なり、約40万~150万ほどで分割も可能です。治療計画の説明の時、納得のいくまでおたずね下さい。 当院では通常お子様の顎を広げる床矯正(1期治療)で約20万+調整料、本格的な矯正では約60万+調整料、部分的な矯正では約2万~30万+調整料となっています。

Q4
どのくらいの間隔で通院するのですか?
A
口の中に装置が入った場合、多くてだいたい月に1~2回程度です。途中では2か月に1回程の時期もあります。予約日を守ることは、早く治る事につながります。決められた通院日には、忘れずに来院しましょう。

Q5
歯ならびを治すために、歯を抜くことがありますか?
A
きれいな歯ならびにするには、歯を移動させる隙間が必要なので、どうしても必要な場合は歯を抜くこともあります。

Q6
口の中に装置を入れると、痛くありませんか?
A
痛みを感じない人もいますが、一般に3~4日は、歯の浮いたような痛みがあります。約1~2週間で痛みがとれます。

Q7
口の中に装置を入れた時、食事は今まで通りで良いのでしょうか?
A
かたい物やねばつく物(ガムやキャラメルなど)は、装置をこわしやすいので、さけるようにして下さい。

Q8
口の中に装置が入っていても、スポーツや吹奏楽器はつづけられますか?
A
楽器はつづけられるものもありますが、過激なスポーツは、装置をこわすおそれがありますのでさけて下さい。しかし陸上の金メダルをとるようなオリンピック選手でも装置をつけたままオリンピックにでています。

Q9
歯みがきは、今まで通りできますか?
A
歯みがきをして、装置がこわれることはありません。汚れがつきやすいので、教わった方法で、今まで以上に丁寧にみがきましょう。

Q10
矯正治療中、虫歯ができたらどうなりますか?
A
今まできちんと歯みがきができていた人は、虫歯になりませんでした。もし、虫歯ができてしまうと、装置をはずして虫歯の治療をしなければいけないので、矯正期間が長引いてしまいます。虫歯にならないように、教わった方法で正しく丁寧にみがきましょう。

Q11
矯正治療中に、転勤になった場合はどうなりますか?
A
転居先の先生をご紹介します。治療を継続していくために必要な資料(X線写真・歯の模型・治療の記録など)を作成しますので、早目にお申し出下さい。

Q12
目立たない方法で治療できますか?
A
当院では透明なペットボトルくらいの厚みの透明な装置をつかったアクアシステムという矯正方法があります。どなたでも適用という物ではありませんが取り外しも簡単にできますのでご相談ください。 当院では行っていませんが歯の裏側へ装置をつけて、外からはほとんどわからずに治療する方法があります。ただし歯の表側につける方法より、費用及び治療期間は余分にかかります。興味のあるかたはご紹介させていただきます。

Q13
なぜ歯ならびが悪くなるのですか?
A
遺伝的なものもありますが、乳歯が抜けたあと、その隙間を確保しておく処置をしていなかったり、指しゃぶりをしていると、歯ならびを悪くします。また、食生活の変化により、顎が十分に発育しないので、歯ならびを悪くする傾向にあります。

Q14
矯正治療をはじめるには、どのような事をするのですか?
A
歯型や顔や顎のレントゲン写真等をとり、総合的に診断し、説明を行います。
いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします